私はジャズもクラシックも民族音楽も好きです。その中で、ロックのライブは、他の音楽ではなかなか経験できない特別なものと感じて好きなのですよね。個人的な話になりますが、自分がこれまで聴いてきたロックのアルバムで、気分が爽快になる熱いライブ盤ベスト4をあげると、グランド・ファンク・レイルロード『Caught in the Act』、フォガット『Live』、ZZトップ『Fandango!』、そしてザ・フーの『Live At Leeds』になりそうです。気分が晴れない時にこれらを聴くと、あっという間に爽快になる優れものなのです。

ザ・フーは60年代前半にイギリスでデビューしたブリティッシュ・ビート・バンドです。スティーヴ・マリオット擁するスモール・フェイセズとともにモッズから高く支持され、のちにはイギリス3大ロック・バンドと呼ばれるようになりました。ほとんどひとりでバンドのアンサンブルを支えるピート・タウンゼントのギター、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのミッチ・ミッチェルと同等の手数の多い激しいドラミングで知られるキース・ムーンなど、名プレイヤーを擁したバンドでもあり、ライブでの熱狂的な演奏は、雰囲気だけでないメンバーたちの実力に裏打ちされたものでした。

今回は、ザ・フーのアルバムの中で、名盤の評価を受けるとともに、高額での買い取りが見込めるレコードを紹介させていただきます。

■My Generation (Brunswick, 1965)

ザ・フーのデビュー・アルバムです。内容の素晴らしさだけでなく、数奇な運命をたどり、プレミア化したアルバムでもあります。

モッズとは、50年代から60年代にかけてイギリスの若者の間で流行したファッションやライフスタイル、そしてそのスタイルを取った人たちの事です。多くのヘッドライトをつけたスクーター、3つボタンのスーツ、髪をおろしたモッズヘアーなど、表面的な特徴は色々ありますが、それらの背景にはモッズ的と言えそうなある美感を持っていたとは言えそうです。その彼らが愛好した音楽の代表格がスモール・フェイセズやザ・フーで、それだけヒップな音楽だったのでしょう。

そのモッズ的な美感が音として最もあらわれているアルバムは、これではないでしょうか。「Out in the Street」「My Generation」といったナンバーの持つビート感は、同時代のビートルズやローリング・ストーンズでは感じられない強烈なもので、ガレージ・ロック的な荒っぽい格好良さすら感じます。個人的にはザ・フーのスタジオ録音アルバムではこれがベストと思っています。

本盤の英国オリジナル盤のリリース元はブランズウィック・レコード、由緒あるレーベルです。しかし1967年にレーベルが閉鎖、このあおりを受けてデビュー盤は幻のレコードとなり、長らくカタログから消えました。ブランズウィック盤の流通は2年ほどだったため、現在では高額で取引されています。なお、80年にイギリスでリイシューされたヴァージン盤は、細部までオリジナルに近づけた好リイシューでしたが、あまりプレミア化していないようです。

一方、ドイツ、フランス、アメリカはデッカがディストリビュートしました。ブランズウィック盤とデッカ盤の簡単な見分け方は、ジャケット右上にレイアウトされているレーベル表記を見る事です。

そして、当時の日本盤(テイチクよりリリース)はオリジナル盤と違って、モッズ的なセンスあふれる女性をあしらったジャケットになっており、別の意味でプレミア化しています。なお、テイチク盤は収録曲も違います。

■Tommy (Track Record, 1969)

モッズ御用達のビート・バンドとはまったく違う顔を見せた、ザ・フー最大の意欲作です。ロックとオペラを融合させた内容で、バンドどころか、ロックの歴史に一石を投じる事にもなりました。父が行った殺人を目撃した少年トミーを中心とした物語で、2枚組のアルバムを通して物語が展開していきます。

ザ・フーは色々と変遷を見せたバンドですが、このアルバムを代表作とする人も多く、ローリング・ストーン紙での評価も高い1枚です。ザ・フーはこれ以降、アルバムではスタジオ・ワークを駆使した作品を残すようになっていきました。

■Live At Leeds (Track Record, 1970)

ザ・フーのステージの熱さや凄まじさは有名で、それは音楽以上のところにまで及んでいました。67年モンタレー・ポップ・フェスティバルでジミ・ヘンドリックスがギターを燃やしたパフォーマンスは有名ですが、あれは直前に出演したザ・フーがギターアンプや楽器を破壊するなどの衝撃的なパフォーマンスを行ったためだったという逸話があるほどです。

ザ・フー最初のライヴ・アルバムであるこのレコードは、そのライブ・パフォーマンスの熱気が音楽のうえで強く伝わってくる素晴らしいアルバムでした。「Young Man Blues」「Substitute」「My Generation」「Magic Bus」といった彼らの代表曲がずらりと並び、しかもその演奏の疾走感はスタジオ録音をはるかに凌駕するものでした。

アナログ盤はざら紙を使用した見開きジャケットの特殊装丁で、表紙のスタンプの色違いなど、色々なバージョンがあります。挿入物も多く、US盤もUK盤もオリジナルの完品となると高額となっています。

■楽曲や演奏の素晴らしさに反比例したレア度の高さがプレミア化の一因?

ロックオペラとして一世を風靡したアルバム『Tommy』が発表される前までのザ・フーが残したアルバムは、『My Generation』『A Quick One』『The Who Sell Out』の3枚です。さらに、デビュー作の不幸は前述したとおりです。ビートルズをはじめとした60年代のイギリスのバンドは、アルバムにシングル曲を収録しない事が多く、ザ・フーも例外ではありませんでした。しかもザ・フーはシングル曲に名曲が多かった事もあり、特に日本ではある時期まで『Tommy』以前はベスト盤で聴かれる事が多い状態でした。これも、初期ザ・フーの日本でのレコードの出回り数の少なさの一因になったのかも知れませんね。

60年代のザ・フーのアルバムは、複雑な経緯を持った盤が多数存在するため、どのような盤であるかを判断する事が難しいです。もし、ザ・フーのレコードを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓THE WHO、ブリティッシュビートもの、関西の高価買取店はこちらです。↓↓↓↓↓

 

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、レア盤歌謡曲・ポップス、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5