1969年のイギリスで、それまでのロックからは想像もつかないほどの音楽的なクオリティと高度な内容をもつアルバムが発表されました。『In the Court of the Crimson King』、この後に破竹の勢いでロックの歴史を塗り替えることになるキング・クリムゾンのデビュー・アルバムです。

『In the Court of the Crimson King』が発表された1969年から、バンドが解散する1974年までの5年間で、キング・クリムゾンは驚異的な内容を持つアルバムと素晴らしいライブ・パフォーマンスを残しました。以降、80年代、90年代、00年代と、キング・クリムゾンは幾度となく再結成されましたが、音楽的に最も高度であったのは、70年代までのキング・クリムゾンではないでしょうか。

今回は、最初の解散となる1974年までのキング・クリムゾンのアルバムのうち、名盤の評価を受けるとともに、高額での買い取りが見込めるレコードを紹介させていただきます。

■In the Court of the Crimson King クリムゾン・キングの宮殿 (1969)

1962年のビートルズのレコード・デビューによって、ブリティッシュ・ロックが時代を席巻しました。1966年にクリーム、1968年にディープ・パープルと、日進月歩でそのクオリティを高めていきましたが、楽曲はアメリカン・ソングフォーム(歌謡形式)に留まり、またアンサンブルもバンドの範囲を超えられない状態でした。そうした中、1969年に登場したキング・クリムゾンのデビュー・アルバム『In the Court of the Crimson King』は、これらを一気に超えてしまう内容を持つ驚異の音楽でした。

管弦楽法を踏まえたオーケストレーション、メンバーの中に詩人を入れる、キング・クリムゾンの代名詞ともなった曲「21世紀の精神異常者」での驚異的な演奏能力など、このアルバムのクオリティの高さは、21世紀になった今でも色あせる事がありません。ロック史に永遠に残る大名盤ではないでしょうか。

最初の解散までのキング・クリムゾンのレコードは、アイランド・レコードがディストリビューターとなりました。以降、権利やディストリビューターが変遷していくため、レコードのレーベルやマトリクスが大きく変遷していきます。初期の英オリジナル盤のレーベルはアイランドの赤ラベル(実際にはややピンクに近い)で、赤レーベルというだけでも高額必至です。また、アイランド赤レーベルの中のマトリックス1となると70~100万円クラス、マトリクス2でも7~10万円がつく状態となっています。

これほどの超プレミアとはならないまでも、『In the Court of the Crimson King』は人気盤であるだけに、悪くない状態のアナログ盤であれば、なかなかの価格で取引されています。

■Lizard リザード (1970)

キング・クリムゾンのサード・アルバムです。最初の解散までのキング・クリムゾンはメンバーの出入りが激しく、音楽性がアルバムごとに変わっていきますが、大きく分ければ69~71年はクラシック色が濃く、72~74年は現代音楽とジャズ/インプロヴィゼーション色が濃くなります。そして、クラシック調クリムゾンの最高傑作は、実は『In the Court of the Crimson King』ではなく本作なのではないでしょうか。レコードB面に収録された組曲「Lizard」は、シンフォニック・ロック屈指の名曲です。

英オリジナルとなるアイランド盤は、このアルバムからレーベルのデザインが変わって赤レーベルではなくなり、島の図柄となります。以降はEGロゴ盤など、さまざまなレーベルの再発盤が存在しますが、やはり高額がつきやすいのは初期の島レーベルのものです。

■Larks’ Tongues in Aspic 太陽と戦慄 (1973)

あまりに有名なため、キング・クリムゾン最高傑作が『In the Court of the Crimson King』とされる風潮は、昔から存在します。しかし、キング・クリムゾンが音楽面で最もハイレベルな域に達したのは、1973年から74年の時期ではないでしょうか。

この時期に作られたスタジオ・アルバムは、『Larks’ Tongues in Aspic』、『Starless and Bible Black』、『Red』の3つがあります。ホールトーンを使用してのインプロヴィゼーション、ディミニッシュ・サウンドを含んだ8音音階をベースにした曲、ミニマル・ミュージックのような並行して進行するふたつの拍子など、どのアルバムもロックではまだ未知であった領域に踏み込んだ音楽が含まれており、3作すべてが名盤の名に値する傑作です。本作で言えば、パート1と2を含め20分を超える「Larks’ Tongues in Aspic」をはじめて聴いた時の衝撃は、今でも忘れられません。

このアルバムは、バージョンによってジャケットデザインに違いがあります。分かりやすいのは表紙の枠線で、これが高額となりやすいオリジナル盤の見分けやすい方法にもなっています。

■AREAやTAGERINE DREAMに並ぶロックの最長不倒

ピンク・フロイドやイエスらと共にプログレッシヴ・ロックというジャンルを定着させたキング・クリムゾンですが、演奏、作曲技法、モダン・アンサンブルというトータルの音楽レベルで評価すれば、70年代までのキング・クリムゾンは、イタリアのAREA(アレア)やドイツのTAGERINE DREAM(タンジェリン・ドリーム)と並ぶロックの最長不倒であったように感じます。それは、21世紀に入ってしばらく経過した今もなおそうなのではないでしょうか。

キング・クリムゾンのレコードはヴァリエーションが多いため、手放そうと思った時にその価値を正しく見極める事が難しいです。もし、キング・クリムゾンのレコードを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓キング・クリムゾンやプログレの買取に強い関西のレコード店はこちら!!↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、レア盤歌謡曲・ポップス、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5