■70年代アメリカン・ハードロックの代表格は、ジャケット・アートの見事さもあって、今もLPが人気!

 60年代後半から始まった創成期のハードロック・シーンは、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルといったイギリス勢を中心に形成されていきましたが、グランド・ファンク・レイルロードとマウンテンという2つのバンドの出現によって、アメリカ勢が巻き返す事となりました。70年代初頭のアメリカン・ハードロックは、このふたつのバンドを中心に展開したといっても過言ではないでしょう。

 マウンテンの音楽は、アメリカならではの豪放で厚いサウンドのハードロックというだけでなく、中心メンバーであるギター/ヴォーカルのレスリー・ウェストが演奏するカントリー・ミュージックを背景にした繊細なアルペジオ演奏や、もう一人の中心メンバーであるベース/キーボードのフェリクス・パパラルディの持つクラシカルな劇的構成や緻密なアレンジを施した楽曲など、完成度の高い音楽を聴かせるものでした。

 そんなマウンテンのアルバムですが、独特のジャケット・アートがLPサイズである方がより見事であるため、今もLPの人気があるアイテムとなっています。

 今回は、70年代アメリカン・ハードロックの雄の一方であるマウンテンのアルバムで高額査定されやすいものを、その音楽性と合わせてご紹介させていただこうと思います!

■Climbing! 勝利への登攀

 中心メンバーのレスリー・ウェストは1969年に『Mountain マウンテン』というアルバムをリリースしており、そこで演奏されているナンバーをマウンテンも演奏しているのですが、そのアルバムはあくまでレスリー・ウェストのアルバムです。というわけで、バンドの実質的なデビュー・アルバムが70年発表の本作で、マウンテンの代表曲「ミシシッピ・クイーン」がこのアルバムに収録されている事もあり、日本ではこのアルバムが最も多く聴かれたのではないでしょうか。

 レスリー・ウェストの分厚くも抜けのあるヴォーカルが圧巻。ギターはうまく、ベースにキーボードにプロデュースと八面六臂の活躍を見せるフェリックス・パパラルディの活躍も素晴らしく、しかも曲もハードロックだけに偏ることなくバラエティに富んでおり、しかも名曲揃いです。

これほどの名盤でありながら、ウインドフォールというフェリックス・パパラルディらが作った個人レーベルからのリリースだったためか、LP時代は日本での流通がなかなかおぼつかなく、ツェッペリンなどに比べると入手の難しいレコードでした。需要に対して出回り数の少ないことが、このLPが今も高額で取引されている理由のひとつではないかと思います。

■Nantucket Sleighride  ナンタケット・スレイライド

 1971年発表、マウンテンのセカンド・アルバムです。数だけ見るとマウンテンは数多くのアルバムを発表していますが、マウンテンは1972年に一度解散しているため、最初の解散までのマウンテンがスタジオでフル録音した作品は、ファーストとセカンドの2枚だけです。ちなみに本作、アメリカでは『Climbing!』以上のセールスを記録し、USゴールドディスクを獲得しています。

 プレスリー以降の英米のロックやポップスは、同じコーラスを何回も循環するアメリカン・ソングフォーム形式という楽曲様式を取るものがほとんどです。しかしこのアルバム収録の「Nantucket Sleighride」は劇的構成を取っており、ミシガン大で音楽を専攻したパパラルディの音楽の才能が存分に生かされました。音楽性の高さで言えば、このアルバムがマウンテンの最高傑作という事になるのではないでしょうか。

 その人気や音楽内容の素晴らしさから人気のあるレコードながら、日本での流通が需要ほどには多くなく、日本盤、US盤ともに年々取引金額が上がってきている作品です。

 ファースト、セカンドと立て続けに素晴らしい作品を残しながら、ウェストとパパラルディの音楽性の違いから、72年にマウンテンは一度解散します。ウェストはクリームにいたジャック・ブルースらとともに新バンド「West, Bruce & Laing」を結成するものの、来日公演決定後にジャック・ブルースの脱退で窮地に追い込まれます。そこで急遽マウンテンを再結成、日本公演の穴を開けない措置が取られました。なんとも資本主義的な理由での再結成ですが、こうして実現した1973年の日本公演を収録したのが、この2枚組ライブ・アルバム『Twin Peaks』です。

■Twin Peaks  異邦の薫り

 このアルバムは、音楽雑誌で最低評価を下された事もあるほどに賛否両論を呼んだアルバムでもありますが、実力者揃いのマウンテンの音楽は、ライブの方が圧倒的に素晴らしいと私は思っています。伝説のウッドストック・フェスティバルでも、なぜか映画には収録されませんでしたが、実際に聴衆を一番熱狂させたのはマウンテンだったという証言も残っているほどです。このアルバムに収録されている「BLOOD OF THE SUN」も「MISSISSIPPI QUEEN」も、公式にリリースされたマウンテンの音源でのベストテイクではないでしょうか。

 そして、マウンテンと言えばこの独特な絵を配したジャケット・アートですが、この絵を描いているのはフェリックス・パパラルディの奥さんだったゲイル・コリンズです。マウンテンのジャケットは見事な作品が多いですが、2枚組で見開きジャケットの本作は開いた状態で1枚の絵になるようになっています。LPでないとこのデザインの素晴らしさはなかなか実感できないのではないかと思います。

 ちなみに、フェリックス・パパラルディは、1983年にゲイル・コリンズに銃で撃たれてこの世を去りました。これで、ウェスト/パパラルディ体制のマウンテンが再度結成される可能性はなくなってしまいました。

■日本での出回り数の少なさが高額化につながっている?!

 マウンテンの場合はジャケット・アートの美しさもあって、やはりLPでのコレクションを目指す人がいなくなることは今後もないように思います。また、これだけのビッグネームでありながら個人レーベルでのリリースだったこともあって、出回り数が決して多いものでない事が、マウンテンのLPが今でも一定の価格で取引され続けている事にもつながっているように思います。もし、マウンテンのLPを他の方に譲ろうとお考えのようでしたら、いちど買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。もしかしたら、良い値段がつくかもしれませんよ!

↓↓↓↓↓関西でハードロックに詳しいLPレコード買取業者ココ!↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5