シンセサイザーやデジタルドラム、そしてヴォコーダーといったテクノ系のサウンドで1978年にデビュー、翌79年に発表した曲「テクノポリス」や「ライディーン」が爆発的な評価を得て一世を風靡したバンドがイエロー・マジック・オーケストラ(以下YMO)です。いまだに日本のテクノ・ポップの代表的な存在であり、また戦後の日本のロック/ポップス系のグループとして世界でもっともよく知られる事になったグループのひとつでもあります。私はリアルタイムでYMO体験をしていた世代ですが、コントグループとのスネークマンショーとの絡みもあって、音楽を超えて一時代の文化を築いた存在という印象すらあります。爆発的な流行もあって、さまざまな活躍をするメンバーの坂本龍一さんや細野晴臣さんの印象がYMOである人も少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんなYMOのアルバムのうち、名盤であるとともに高額買い取りが見込めるものをご紹介させていただきます。

■イエロー・マジック・オーケストラ (アルファ/A&M、1978)

YMO のデビューアルバムです。レーベルはアルファレコードで、サーカス、カシオペア、シーナ&ロケッツなど、ニューミュージックやニューウェイヴといった新しいポップ・ミュージックを発信できる能力のあるレーベルでした。インスト音楽であり、かつ日本では洋楽を聴く人以外にはまったく知られていなかったテクノを扱ったYMOが、当時の日本のチャート音楽界にデビューできたのは、アルファというレーベルの存在も大きかったでしょう。

アルバムは、当時社会現象となるまでに流行していたゲームセンターのテレビゲームの音から始まり、次第にデジタルサウンドを纏ったテクノ・ポップへと繋がっていきます。音楽だけにとどまらないこうした境界侵犯的な作り方が、YMO をヒットしたバンドというだけでない、70年代末~80年代初頭の独特の若者文化を表象する音楽へとなっていったのかも知れません。

YMO のレコードは発売元を変えていったため、赤いレーベルに曲がった数字が書かれているもの、ALFA 表記のものなど、レーベル面に色々なヴァリエーションがあります。また、このアルバムは世界発売され、内容が日本盤とすこし異なります。海外盤もレーベルに色々なヴァリエーションがあります。

■ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー (アルファ/1979)

YMO の大ブレイクに繋がったのがこのセカンドアルバムで、「テクノポリス」も「ライディーン」このアルバムに収録されています。

様々なバンドを経て日本のポップスのクリエイターとしてプロ活動している細野晴臣や、スタジオミュージシャンとして生計を立てていた坂本龍一が参加したグループであったYMO は、当初は短期の企画バンドだったのではないかと思います。徹底して良い音楽を作る事にこだわるのではなく、限られた時間と予算でコンセプトに合った音楽をそつなく作っているようで、デビューアルバムはその安価な面が音に出ている面も感じましたが、このセカンドアルバムでは制限内でのテクノ・ポップの仕上げ方が板についてきているように感じます。YMO のパブリックイメージと言えば、このアルバムではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■増殖 (アルファ/1980)

80年前後の若者文化のひとつに、ラジオ番組をあげることが出来ます。ラジカセが普及し、ラジオであれば学生が個人で楽しむことが出来るようになった時代でした。「オールナイトニッポン」を代表として、若者向けのラジオ番組では音楽や笑いが人気を集めていました。『増殖』は12インチではなく10インチ盤で、YMO による音楽と、コントグループのスネークマンショーによるコントによって構成された、ラジオ番組のような作りでした。

「ここは警察じゃないよ」「林家万平」といったスネークマンショーのコントは爆笑もの。タイトルを聞いただけでも、このコントで笑った事のある方は内容を思い出せるのではないでしょうか。もし、クラウス・シュルツェなどのジャーマン・シンセと自分の音楽をコラボレーションさせていたなら聴こえ方はまったく変わっていたでしょうが、こうしたラジオ番組的なコントと組み合わせたことで、YMO は当時の若者の新しい文化という記号へとなっていったのではないかと思います。

■さらに評価の高まるYMOのアナログ盤

2018年から、「YMO結成40周年記念再発プロジェクト」として、YMO のアルバムがアナログレコードで再発されました。限定生産で価格も安いものではなく(4000円あたりから1万円近いものまで)、かつて日本で絶大な人気を誇ったYMOのレコードの人気が、また上がってきています。今回は、当時は比較的人気が高かったアルバムアルバムを取り上げましたが、『増殖』以降の『BGM』『テクノデリック』といったアルバムは、企画アルバムという枠を超え、音楽的な完成度の高いものとなりましたが、当時はそこまでのヒットとならなかっただけに出回り数が多いとは言えず、今後はさらに高騰化していくかも知れません。

もし、そんなYMO のレコードを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓YMOや細野晴臣関連にくわしい関西のおすすめレコード買取店はこちら!↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、レア盤歌謡曲・ポップス、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5