50年代のモダン・ジャズを大きく分けると、アメリカ東海岸のイーストコースト・ジャズと西海岸のウエストコースト・ジャズに分けることが出来ます。大雑把にいえば、イーストコーストはアドリブ重視、ファンキー。ウエストコーストはアレンジ重視、上品。あくまでこれは目安ですが、たしかにイーストコーストはスタープレイヤーにソニー・ロリンズ、アート・ブレイキーなどファンキーで活発なプレイをするミュージシャンが目立ち、一方のウエストコーストはジェリー・マリガン、チェット・ベイカー、そして今回取り上げるアート・ペッパーなど、どこかエレガントで内省的な演奏をするプレイヤーが目立ちます。

ウエストコースト・ジャズのスタープレイヤーは、アレンジが重要となるビッグバンド出身者が多いです。アート・ペッパーもそのひとりで、ペッパーはスタン・ケントン楽団に長年在籍、そこで評価をあげて自分のコンボを持つようになりました。そんな事もあって、ウエストコースト屈指のインプロヴァイザーのひとりでありながら、バンドのオーケストレーションやアンサンブルを乱さないところがアルト・サックス奏者(のちにテナー・サックスも演奏)アート・ペッパーの特徴のひとつでしょうか。

今回は、そんなアート・ペッパーのアルバムのうち、名盤であるとともに高額買い取りが見込めるものをご紹介させていただきます。

■The Marty Paich Quartet featuring Art Pepper  (Tampa, 1956)

ピアニストである以上に作曲家アレンジャー、そしてバンドマスターでもあるペイチのコンボに、アート・ペッパーが参加したアルバムです。アート・ペッパーのリーダー作ではないものの、ペッパーの出世作として知られる1枚です。

昔のジャズ・ミュージシャンには珍しくない事ですが、アート・ペッパーは麻薬中毒に苦しんだひとりで、音楽活動を何度も中断したのは麻薬中毒のためです。1952年に自分のコンボを持つもすぐにジャズから離れたのも麻薬によるもので、そんなペッパーを救ったのがマーティ・ペイチでした。本作はペイチのアレンジによるアンサンブルと、フロントで華麗なアドリブを披露するアート・ペッパーが見せ場となっています。50年代後半に最初のピークを迎えるアート・ペッパーのリーダー作よりも優れて感じられるのは、このアンサンブルの見事さです。ちなみに、この時のマーティ・ペイチに恩義を感じたか、アート・ペッパーはブレイクしたのちに、59年録音のアルバム『+Eleven』でアレンジャーとしてペイチを起用します。いい話ですよね。

素晴らしい内容の上にレア度が高く、ペッパーを聴く最初のレコードはないにせよ、ペッパーに嵌まったら避けて通れない1枚。オリジナルUSの赤盤は超高額、オリジナル盤でなくともLPであれば高額査定されることの多いアルバムです。

■Art Pepper Quartet / Modern Art (Intro, 1957)

名盤と呼ばれるアート・ペッパーのアルバムは56~57年録音に集中していますが、これはその中の1枚。個人的には、これがアート・ペッパー最高傑作と思っています。

アート・ペッパーはアドリブに優れる人なので、どうしても小編成で演奏すると曲想やアンサンブル面よりも演奏が勝ってしまうときがあります。しかしこのアルバムはそうしたバランスの悪さを全く感じさせない見事なディレクションで、ウエストコースト・ジャズらしい素晴らしいレイドバック感と見事な構成にため息が出るほどです。アルバムの冒頭と最後をブルース曲とした点から推測しても、狙ってそうしたのでしょう。

このアルバム、もともとはIntro という弱小レーベルからリリースされたために入手困難、幻の名盤として語り継がれていました。Intro盤は高額で取引され続けています。ようやく手に入れやすくなったのは日本のジャズ熱の高さによるもので、70年代半ばに日本がこのレコードを復刻した事でようやく一般にも手の届く状態となりました。LPの質感とレイドバック感漂うこの音楽がしっくりくることは間違いがなく、Intro盤でなくともLPは相応の値段で取引され続けています。

■Art Pepper / Meets the Rhythm Section (Contemporary, 1957)

西海岸のペッパーが、東海岸のマイルス・デイヴィスのリズム・セクションと共演したアルバムです。ペッパーのレコード知名度ナンバーワンはこれではないでしょうか。

50年代ウエストコーストの白人サクソフォニストには、リー・コニッツを手本としたサブトーンで演奏するプレイヤーが多く、アート・ペッパーもそのひとりです。このアルバムに収録された「You’d be so nice to come home to」は、そのサブトーンのクールな印象と相まって、大量に存在する同曲の中でも最大の名演といえるのではないでしょうか。

なにせ大変な人気盤で多くの人が入手したこともあり、「もの」としては前述の2作のような希少さには届きません。しかし音楽内容は折り紙付き、人気盤なので今もLPの需要は高いです。

■チェット・ベイカーに並ぶウエストコースト・ジャズのスタープレイヤーのひとり

アレンジに優れるウエストコースト・ジャズの素晴らしさが生まれるためには、アレンジャーとプレイヤーが揃う必要があると感じます。そんな中、プレイヤーとしてアート・ペッパーとチェット・ベイカーのふたりがウエストコースト・ジャズの大看板となったように思います。どちらも素晴らしい演奏技術を持ち、かつルックスが俳優なみですからね。

また、今回は触れませんでしたが、アート・ペッパーは70年代になるとジョン・コルトレーンに影響されたアドリブを展開する新境地に達しており、音楽としてはそちらも素晴らしいです。

もし、アート・ペッパーのLPを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓アート・ペッパー、ジャズのLPレコードの買取に強いお店はこちら↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、レア盤歌謡曲・ポップス、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5