矢沢永吉やジョニー大倉らが在籍、社会現象と呼ばれるほどのブームを起こしながら、レコードデビュー後2年半ほどで解散したロックンロールバンドがキャロルです。革ジャン、リーゼント、ロックンロールというスタイルは良くも悪くも暴走族や不良文化の象徴となり、そのため音楽が軽視される事もありますが、キャロルほど熱くロックンロールを演奏したバンドは今も日本に登場していないのではないでしょうか。

今回は、そんな日本の最重要ロックンロールバンドのひとつであるキャロルのアルバムのうち、名盤であるとともに高額買い取りが見込めるものをご紹介させていただきます。

■ライブ・イン“リブ・ヤング” (1973)

キャロルはレコードデビュー以前にテレビ出演を果たし、そこから全国区の人気を得たバンドです。その出演番組がフジテレビ制作の『リブ・ヤング』で、音楽・映画・ファッションなどを紹介する若者向け情報番組でした。革ジャン、リーゼント、ロックンロールで登場したキャロルは一気に業界の注目を集めます。カメラマンの篠山紀信はそのファッション性に注目、またミッキー・カーチスはテレビ局に電話してキャロルと接触して録音を決断。これがキャロルのデビューに繋がりました。このあたりの経緯は、ベストセラーとなった矢沢永吉の自伝『成りあがり』に詳しく書かれています。

そんなキャロルにとって切り離せないリブ・ヤングでのステージを収録したのがこのライブ盤です。この演奏はメジャーデビューを決めた初出演回ではなく、レコードデビュー後で、すでに多くのヒット・シングルを飛ばした後の出演時のものです。それでもライブ・バンドとして名声を轟かせたキャロル初のライブ盤には違いなく、仮にサイドギターがいなかったとしてもバンドのオーケストレーションを成立させられただろう内海利勝のギター、そしてポール・マッカートニーどころかジャック・ブルース並みに自在なバス・ラインを作る矢沢永吉のベースは特質ものです。

今はなきフィリップス傘下の日本フォノグラムからデビューした事もあって、キャロルのアナログ盤はすべて価格が高騰しています。このレコードも例外ではなく、年々価格が上昇している傾向にあります。また、カセットは収録曲違いで曲数も多く、LP以上にプレミア化しています。

■ルイジアンナ (1973)

ミッキー・カーチスがプロデュースした、キャロルのデビュー・アルバムです。A面がオリジナル曲で日本語詞、B面がカバー曲で英語詞です。

「ルイジアンナ」「ヘイ・タクシー」「ホープ」といったオリジナル曲は、今となっては日本のロックンロールの定番と化しています。カバーではチャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」を日本に広めるきっかけとなり、デイブ・クラーク・ファイブのロックンロール・メドレー用ナンバー「グッド・オールド・ロックンロール」は本家を上回るほどの演奏。とてもデビュー作とは思えない完成度のロックンロール・アルバムです。日本最初期のマルチトラック・レコーディングされたアルバムでもあり、楽器の定位などにその痕跡をうかがうことが出来ます。

キャロルは人気絶頂時に解散したこともあって、解散後に大量のコンピレーション・アルバムが発表される状況になりましたが、スタジオ録音のアルバムは実は3枚のみ、ライブ・アルバムを含めても合計で5枚のアルバムしか残していません。アルバム『ルイジアンナ』はその中でも人気の高いアルバムで、内容のみならずLPのエンボス加工された見事なジャケットも価格高騰の一因となっているのかも知れません。

■燃えつきる – キャロル・ラスト・ライヴ!! 1975.4.13. (1975)

キャロルの解散コンサートのライブ録音盤、2枚組です。日本のロック史に残る白熱の演奏という事もありますが、人気絶頂の中での解散コンサートという事もあって会場の収容人数の倍を超える観衆が押し寄せ、またステージセットが事故で炎上する騒動になるなど、ニュース性も相まって伝説化したコンサートでもあります。同ステージはドキュメンタリー調に編集されて映像化され、ビデオではキャロルの親衛隊を務めた舘ひろしや岩城滉一が在籍するクールスの様子や、日比谷野音の炎上シーンも観ることが出来ます。しかし音楽を楽しむのであれば、全曲をカットなしで収録している音盤が優るでしょう。

残された正規の音源の中からキャロルのベスト・パフォーマンスを選ぶとしたら、間違いなくこれでしょう。

■安保闘争後に揺れた日本の社会現象

キャロルは音楽のみならず、70年安保が終わった後の日本の世相を反映した社会現象であったように思います。戦後の独立の道が絶たれて他国の基地が自国領土にあるという異常な状況を受け入れさせられ、受験戦争が加速してそのカウンターで暴走族が増え、そうした中で「社会に頼らず、唯我独尊で強く生きる」という若者の標識と化したのがキャロルであったようにも思えます。

70年代以前の日本のポップス/ロックのLPの高騰は進むばかりですが、キャロルもその中の重要タイトルでしょう。もし、キャロルのLPを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓ロックンロールのレコード買取に、おすすめのショップはこちら↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、レア盤歌謡曲・ポップス、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5