テキサスのロックは豪放で荒いイメージがありますが、ブルースの聖地のひとつでもあるためか、実は細やかなテクニックを持つ優れたギタリストが多いです。スティーヴィー・レイ・ヴォーンもテキサス出身であり、ここで紹介するZZトップのビリー・ギボンズもジミ・ヘンドリックスも絶賛のテクニックと表現力を持っていました。

今回は、ZZトップのアルバムのうち、名盤であるとともに高額買い取りが見込めるものをご紹介させていただきます。

■The Moving Sidewalks / Flash (Tantara, 1968)

のちにZZトップに参加する事になるギタリストのビリー・ギボンズが在籍していたのが、サイケデリック・ロックバンドのムーヴィング・サイドウォークスでした。サイケといっても色々ありますが、このバンドはブルースロック色が強く、その上に電子オルガンが重なる事でサイケ色を強くしていました。このバンドがジミ・ヘンドリックスの前座を務めた際に、ジミヘンのあの有名な発言につながったそうです。

ジミヘンの絶賛とビリー・ギボンズの出身バンドという事で話題にのぼるレコードですが、しかし発表当時は売れたと言えるレベルではなく、そのために発表当時にプレスされたLPの入手は困難、プレミア化している1枚です。

■ZZ Top / Rio Grande Mud (1972)

ZZトップのセカンドアルバム、大名盤といってよい超快作です。持ち駒の多い70年代ZZトップの音楽をひとことで形容するのは難しいですが、イメージのひとつはハードなブギを得意とする点ではないでしょうか。ロックの中でブギほど心地よい疾走感を表現できるリズムはないと思いますが、ハードロックに近いサウンドでブギを演奏させたら、ZZトップとフォガットのふたつにかなうグループはないのではないかというほど。本アルバムのオープニング・ナンバー「Francine」はその好例でしょう。

他にも、「Just Got Paid」、「Bar-B-Q」、「Whiskey’n Mama」、「Down Brownie」などの強烈なビート感とテクニカルなリフを持つハードロック調の曲の連続も、バンドのカラーを決定づけており、ファーストアルバムではまだ方向性の定まっていなかったバンドのいく道がここで決まったように思えます。

このアルバム、盤によってソロの尺やフェードアウトのタイミング、そしてミックスなどに違いがみられ、コレクター心をくすぐられる1枚。近年はオリジナル・ミックスが良いという声も出てきたようで、LPの再評価が進んでいます。

■ZZ Top / Tres Hombres (1973)

セカンド・アルバムからしばらくのZZトップのアルバムに外れなしの傑作揃いですが、その中でもプラチナムを獲得した本作は、70年代のZZトップの作品でもっともよく聞かれた1枚でしょう。演奏も絶快調で、ハードブギ、ハードロック、ブルースロックが混然一体となった音楽が展開されます。切れ目なく繋がる冒頭2曲の格好良さは鳥肌もの。さらに2小節でひとつのリフを繰り返し、ギターソロになった瞬間の突然の転調が快感のハードブギ「La Grande」では、のちのビリー・ギボンズの表現の特徴のひとつともなるハーモニクスを多用したインプロヴィゼーションも聴かれます。

LPは見開きジャケットで内側にはあふれかえったビールにメキシコ料理が大写しとなっており、内袋にはテンガロンハットをかぶり、煙草をくわえ猟銃を構えた男たちのスナップ写真がいくつもレイアウト、ZZトップのあくの強いロックを生んだテキサスの匂いを感じさせます。こうした仕様はLPならでは、人気盤のひとつです。

■ZZ Top / Fandango! (1975)

ZZトップ4枚目のアルバムです。A面ライブ、B面スタジオ録音という内容で、A面のライブが凄まじいです。

オーバーダビングが使えないライブはバンドの実力が分かりやすく、これを成立させるギタリストはエクスペリエンスのジミ・ヘンドリックス、クリームのエリック・クラプトンなど、実力者ばかりです。ZZトップも3ピースのバンドですが、このライブ盤での演奏が強烈で、音の圧力も演奏もむしろライブの方がすごいのではないかというほど。プレスリーの「監獄ロック」がここまで凄い事になるのかと驚かされました。演奏のテクニックもさることながら、70年代ZZトップのトレードマークのひとつであるファズのファットなサウンドが音楽の圧力の一因にもなっていると感じます。

■ZZトップは豪放さと繊細なテクニックが共存する70年代が素晴らしい

今回は取りあげませんでしたが、続く5作目『Tejas』でのドラムはジャズさながらのレギュラーグリップでのパラディドルを聴けるなど、72年から76年までのZZトップのアルバムには外れがありません。デジタルで単純さの目立つ80年代以降のZZトップを聴くと分かりにくいですが、アメリカのトラック野郎ご用達の荒さや豪快さを持ちつつ、生半可なプログレッシブ・ロックのミュージシャンでは到底かなわないほどのテクニックを持つロックバンド、それが70年代のZZトップではないでしょうか。荒さや熱っぽさは感じるものの、技術がぞんざいな南部のロックとは一線を画しているように感じます。

もし、ZZトップのLPを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓ZZ TOPやサザンロックのレコード買取におすすめの関西のお店はココ↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、レア盤歌謡曲・ポップス、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5