ひたすら高速のインプロヴィゼーションにまい進していくそのスタイルから、「ギターのコルトレーン」とも言われたパット・マルティーノ。そのスタイルはギターというより管楽器のようでもあり、往年のジャズ・ギターからすると異色にも映るスタイルでした。しかしその活動期間がジミ・ヘンドリックスやジェフ・ベックというロックのギターヒーローの時代と重なり、さらにフュージョン時代のギターの演奏スタイルにもフィットしたことで、パット・マルティーノのようなスタイルはジャズ・ギターを代表するスタイルのひとつとなり、従来のジャズ・ギターにはない独特な世界を築き上げました。

今回は、そんなジャズ・ギターのレジェンドのひとりであるパット・マルティーノのアルバムのうち、名盤であるとともに高額買い取りが見込めるものをご紹介させていただきます。

■East! (Prestige, 1968)

パット・マルティーノのレコードデビューはプレスティッジで、彼はこのレーベルに5枚のリーダー作品を残しました。この時期のアルバムは、スタンダード、アップテンポの速弾きを聴かせる曲、アルバムカラーとなる曲、これらを組み合わせて作ってあります。デビュー作『El Hombre』のアルバムカラーはクラブジャズ風の曲であり、セカンドアルバム『Strings!』ではラテンジャズです。そしてこのサード・アルバム『East!』のカラーはモードでした。

マルティーノのモードは、新主流派ジャズや印象派系のモードではなく、インド音楽からそれを持ってきた点が独特です。13分に及ぶ冒頭ナンバー「EAST」はドリアン系のモード曲で、途中でテンポが倍になり、最後にはギターが高速でアドリブ演奏に埋没していく劇的構成、ここでマルティーノはアメリカン・ソングの上でアドリブ演奏を聴かせるエンターテイメントなジャズから離れます。しかし他の曲は正当なジャズで、「Lazy Bird」などは、ジャズ・ギタリストとしての実力を存分に発揮しています。

日本でのパット・マルティーノ人気は、ジャズファンよりもギター愛好者から火がついたようで、それだけに少し遅れたように思います。最大のブームとなったのは90年代のブルーノート移籍時で、ジャズ雑誌『ジャズライフ』が何度も特集を組みました。つまり、ブームの際は既にCDの時代で、人気に比べてLPの出回り数が多くありません。プレスティッジ時代では一番人気の本作も入手がなかなか困難なだけに、それなりの査定を見込める1枚です。

■Desperado (Prestige, 1970)

プレスティッジ最終作です。このアルバムでのパット・マルティーノはアンプリファイした12弦ギターを使用、個性的なサウンドを体験することが出来ます。マルティーノのギターにはウェス・モンゴメリの影響が見えるので、「どうせオクターブ奏法を使うなら、最初からオクターブ音が鳴るギターで弾いたらどうか」と思ったのかも知れませんね。

バラエティに富んだ曲を配置するアルバム作りから一転し、「弾き倒し」と言っていいほどの押しの一手のインプロヴィゼーションを聴かせます。ドラムのシャーマン・ファガーソンのプレイも実に熱く、マルティーノを煽ります。『East!』での芸術音楽の楽式の使用と、このアルバムでの「弾き倒し」というスタイル、これでパット・マルティーノの音楽スタイルが完成したと言えるのではないでしょうか。

80年代まではレコード店でよく見かけた1枚ですが、現在では入手困難。これもLPの価値が上がってきている作品です。

■Exit (Muse, 1977)

パット・マルティーノの音楽的なアドバンテージを、「ギターでのジャズのアドリブ演奏システムの構築」、「芸術音楽の楽曲様式の使用」、「高速演奏」の3点とするなら、このアルバムこそパット・マルティーノ最高傑作ではないでしょうか。

アルバムタイトルともなった「EXIT」が素晴らしいです。ゆったりとしたルバートのバース・ソロから始まり、ドラムがリズムを決め、ギターがテーマを提示し、ピアノが和声を提示。こうして音楽を構成するすべてが揃ってところで加速してイン・テンポとなり、セカンド・テーマが入り…劇的構成とジャズならではのインプロヴィゼーションが見事に融合した、ジャズ・ギターの歴史に残る名曲・名演と思います。また、このナンバーでは、以前は和音をほとんど演奏しなかったマルティーノが和声的アプローチをして表現の幅を広げるなど、マルティーノのギター演奏の進化も聴くことが出来ます。

1970年にプレスティッジを離れたパット・マルティーノは、1997年のブルーノート移籍までMUSEというレーベルを中心にアルバムを発表するようになります。MUSEにプレスティッジやブルーノートほどのディストリビューションがなかったからか、MUSE期のLPはプレスティッジ期の比にならないほど価格が高騰しているものが多い状態です。

■嵌まれば外れなし、すべてコレクションしたくギター・レジェンドのアルバム群

ジャズ・ギターのレジェンドをこう評するのも変かもしれませんが、もしかするとパット・マルティーノという人は、西洋音楽の調体系の中でのギター・アドリブに興味があったのであって、ジャズにはそれほどこだわりがなかったのかも知れません。それだけに、ジャズファンからすると少しジャズ的ではない音楽に聴こえるかも知れませんが、優れたアドリブという点に嵌ってしまえば外れなしというのが、マルティーノのアルバムの特徴ではないでしょうか。中でも、恐らくレーベルから演奏曲の指定をされなかっただろうMUSE時代の70年代は傑作のオンパレードで、今回紹介した作品以外では『Live!』や『Consciousness』も名盤の声が高い作品です。

もし、パット・マルティーノのLPを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓ジャズにくわしい関西のおすすめレコード買取店はこちら!↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、レア盤歌謡曲・ポップス、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5