1969年に開催されたロック史上最大のフェスティバル「ウッドストック・フェスティバル」で最高のパフォーマンスをしたバンドを訊かれたら、僕ならスライ&ザ・ファミリー・ストーンとサンタナのふたつを挙げます。そのぐらい、このふたつのバンドの熱狂ぶりは群を抜いていました。そして驚く事に、錚々たる有名バンドを喰ったラテン・ロックの雄サンタナは、その時まだデビューしたばかりでした。まさに伝説の始まりだったのですね。

サンタナは、ギタリストのカルロス・サンタナを中心としたラテン・ロック・バンドです。ラテン・パーカッション・セクション、オルガンを含むギター・インスト・ロック、生半可なプログレッシヴ・ロック・バンドではかなわないほどに手のこんだ楽曲様式、そして途中からはフュージョンやラテン音楽などの要素も吸収し、熱気あふれる壮大なロックを演奏しました。今回は、ラテン・ロックを代表するバンド・サンタナのアルバムのうち、重要作であるとともに高額での買い取りが見込めるものをご紹介させていただきます。

■Santana (1969)

サンタナのデビューアルバムです。ウッドストック・フェスティバルと同じタイミングとなる1969年8月に発表されました。そして、ウッドストックで観客を熱狂させた「Soul Sacrifice」収録とあって、デビュー作にしてサンタナは一気にスターダムへと駆け上りました。コンガやティンバレスを含むラテン・パーカッション・セクションが生み出す強烈なグルーヴに、太くうねるベース、グレッグ・ローリーのオルガン、そして激しくインプロヴィゼーションするサンタナのギターと、デビュー作にしてこれまでのロックにない異次元のサウンドと熱気を生み出しています。

長い活動歴を持つバンドですので、時代ごとに多少の変化をしていきましたが、もっとも粗野でロック的な演奏を聴くなら、このアルバムかウッドストックのライブ音源でしょう。LPは今も再プレスが行われるほどの人気です。ジャケット裏面のアーティスト写真のカラー/モノ、ラベルのColumbia/CBSなどに違いなどがあります。

■Abraxas (1970)

邦題は『天の守護神』、人気曲「ブラック・マジック・ウーマン」収録のセカンド・アルバムです。デビュー作の荒ぶる雰囲気が薄れたかわりに音楽の完成度が上がり、同じコーラスを繰り返すアメリカン・ソングフォーム形式を離れた大作への思考が現れ始めています。この傾向は以降しばらくのサンタナのアルバムの特徴となっていきます。それを象徴するのが「Incident At Neshabur」で、強烈なリズムセクションにオルガンのジャズ的なテンション・コード、そしてギターソロになだれ込んだところで転調するなど、プログレッシヴ・ロック顔負けの展開を見せます。

このアルバムをサンタナの代表作に挙げる人もいるほどです。見開きジャケットとなったサイケデリックなアートワークの素晴らしさが、今もLPが人気である理由のひとつかも知れませんね。なお、翌71年リリースとなったサードアルバム『Santana』も、このアルバムと同傾向の素晴らしいアルバムです。

■Caravanserai (1972)

1972年発表の第4作『キャラバンサライ』、サンタナが大好きな私ですが、その中でもサンタナの代表作と確信しているのがこのアルバムです。サンタナどころか、ロック全体で見ても十指に入る大名盤ではないでしょうか。フュージョン色が強まり、大作志向もさらに増して、ここまで来ると壮大な組曲のようです。それでいて、ラテン音楽やロックが持っている強烈なグルーヴは失わず、これに似た音楽は他にないのではないかと感じるほどのオリジナリティです。

すべてのバージョンがそうであるかは分かりませんが、オリジナルおよび一部のバージョンのLPのジャケットはメタル加工され、夜の砂漠が幻想的に輝くその美しさは目にしないと伝わりにくいかもしれません。このアルバムも見開きジャケット仕様で、ジャケット・アートを含めてアルバムだと考えれば、サンタナの初期アルバムはすべてLPで入手したいものですね。

■Moonflower (1977)

70年『天の守護神』から72年『キャラバンサライ』まで、3作続けて対策を作り上げたサンタナは、73年から音楽のバランスを崩したように感じます。激しい音を出していたハモンドオルガンがシンセサイザーに入れ替わり、フュージョン色の加速は音楽をマイルドにしてしまう負の側面も同時に抱え、ティト・プエンテなどのラテン音楽への傾斜は、オリジナリティあふれる音楽を作り出し続けたサンタナをカバーバンドに引き戻したように感じられました。しかし、ライブではサンタナの素晴らしさは生き続けました。

73年以降のサンタナのアルバムで推薦したいのが、77年発表の2枚組アルバム『ムーン・フラワー』です。ライブ音源とスタジオ録音を組み合わせて作られており、ライブでは「ブラック・マジック・ウーマン」や「哀愁のヨーロッパ」という名曲も演奏されています。ウッドストック出演時とはまったく違う熱気を持った、素晴らしい演奏を聴くことが出来ます。

■素晴らしいジャケット込みで、今もLPが人気のサンタナのアルバム群

音楽だけでもロック史に残る驚異の音楽を連発したサンタナですが、サンタナのアルバムの素晴らしさはジャケットワークも込みではないでしょうか。特に初期作品は、そのほとんどが見開きジャケットで、すべてに手の込んだアートワークが施されているだけに、いまだになかなかの価格で取引され続けています。

もし、サンタナのLPを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓サンタナのLPレコード買取に強いお店はドコ?↓↓↓↓↓

 

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、レア盤歌謡曲・ポップス、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5