ロックのギタリストと言えば、最初に名前のあがるのがこの人ではないでしょうか。セッション・ギタリストとして評判を呼び、自分のバンドを結成するとビートルズをはじめとした数々のロック・ミュージシャンがそのステージを見に押し寄せ、そしてソロ・デビューからわずか3年後にこの世を去っていった、疾風怒濤の伝説的ロック・ミュージシャンでした。

生前に発表した正規アルバムはベスト盤を含め僅か5枚、しかしあまりの影響力から死後に発表されたライブ音源やソロ・デビュー前の音源のリリースは後を絶たず、私が知っているだけでも700タイトル以上のアルバムがリリースされました。

今回は、そんなロック界最大のレジェンドともいえるジミ・ヘンドリックスのアルバムのうち、重要作であるとともに高額での買い取りが見込めるものをご紹介させていただきます。

■Jimi Hendrix Experience / Are You Experienced (1967)

超絶的な切れ味のセッション・ギタリストとして注目を集めていたジミ・ヘンドリックスが、いよいよ自分のグループを結成して発表したファースト・アルバムです。

ファンク系のギタリストよりも切れ味の鋭いカッティング・ギター、のちのハード・ロックに影響を与えた激しく歪んだギター・サウンド、長時間にわたるインプロヴィゼーションなど、ヘンドリックスの天才を形容する言葉は数多くあります。しかしその最大の才能は作曲とそのギター・アレンジの能力だったのではないでしょうか。ヘンドリックスの作編曲能力が最も発揮されたアルバムは、恐らくこれでしょう。

このアルバムに収録されている「Manic Depression」や「I Don’t Live Today」のリズム・フィギュアは、それ以前や以降のどんなロック・ナンバーにも似ていません。また、痛快なハードロック・ナンバーである「Fire」が、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルのデビューよりも早く発表されていることも注目に値します。演奏やサウンドより先に、まず作編曲能力が高いのです。もしジミ・ヘンドリックスの好きなアルバムをひとつだけ選ぶのであれば、私ならこれを選びますが、その理由はこの作編曲の素晴らしさです。

ジミ・ヘンドリックスはアメリカのミュージシャンですが、このデビュー盤はイギリスでリリースされ、モノラルとステレオの2バージョンが作られました。そしてヘンドリックスのライブ・パフォーマンスの評判が広まる事で、続いてUS盤も作られましたが、US盤は曲順や収録曲、ジャケットデザインなどが異なっています。さらに、リマスターCDではジャケットデザインが変更になりました。音楽の高い価値のほか、こうしたバリエーションの豊富さもあって、オリジナル盤が高額となっているのはもちろん、UK盤、US盤、日本盤ともLPであれば定価以上の価格となることが多いアルバムです。

■Jimi Hendrix Experience / Electric Ladyland (1968)

ジミ・ヘンドリックス最後のスタジオ録音アルバムで、LPでは2枚組で発表されました。コンセプト・アルバムのような構成、テープの逆回転などを駆使したスタジオ・ワーク、「山を手でたたき割り、その破片で島を作る」(Voodoo Chile) といった幻想詩のような歌詞など、ミュージシャンではなくアーティストとしてのヘンドリックスの側面が最もよくあらわれたアルバムと思います。その完成度の高さは、ロックの大名盤として今も聴き継がれていることにあらわれているのではないでしょうか。

このアルバムは『Are You Experienced』とは逆に、US盤がUK盤に先行してリリースされました。両者はジャケットが違い、UK盤の裸婦ジャケットは高値がつきやすい状態です。またこのレコードは日本盤の収録曲順が違います、海へ沈んでいく幻想詩「Moon, Turn the Tides…Gently Gently Away」でアルバムを閉じる物語性の強い曲順となっており、日本盤LPも人気盤のひとつです。

■Jimi Hendrix / Hendrix In The West (1971)

「ロック最高のギタリスト」と言われるほど、プレイヤーとして高く評価されているジミ・ヘンドリックスですが、その真価を聴くならライブです。ジミ・ヘンドリックスのライブ演奏は、驚異的なカッティング・ギターを聴かせたモンタレー・ポップ・フェスティバルでの「Killing Floor」、暴発するウインターランドでの「Foxy Lady」、バンド・オブ・ジプシーズのデビュー・アルバムに収録された「Machine Gun」、ソロ・デビュー前のカーティス・ナイトやロニー・ヤングブラッドのバンドで演奏していた頃の疾走するバッキングなど、いくつもの名演が残されています。

そうした評価の高いライブ録音の中で、プレミア化したLPを紹介するとしたら、このレコードが筆頭ではないでしょうか。1曲目に収録されたバークレー・コミュニティ・センターでの「Johnny B. Goode」では、モンタレーの「Killing Floor」を上回るほどの強烈なカッティングとドライブするギター・パフォーマンスを聴くことが出来ます。

ロック最大のレジェンドのLPは永遠に高い評価なのでは?!

骨董品の鑑定番組を見ていると、100年以上も前の食器や銅版画が今も高額で評価される事があって驚かされます。もし何世紀も先の人類がロックを振り返った時、それをどう定義するでしょう。「第2次大戦後に勃興した市民革命に育ったカウンターカルチャーを最も激しいもの」とでもかも知れません。そうだとしたら、その時のロックの象徴はジミ・ヘンドリックスという事になるかも知れません。今も輝くヘンドリックスの素晴らしいロックは、LPの価値がますます上がっている事にもあらわれています。

もし、ヘンドリックスのLPを譲ろうと思っていらっしゃる方がいましたら、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓ジミヘンのLPレコードを売却する際のおすすめのレコード買取業者はこちら↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5