ドゥ・ワップやリズム・アンド・ブルースなどのアメリカの軽音楽をベースに、前衛音楽、ジャズ、現代音楽など、様々な音楽をミックスして唯一無二の音楽を作り上げたのが、アメリカン・ロックの巨人フランク・ザッパです。

 フランク・ザッパの天才をあげたら、切りがありません。バンドリーダーとしてだけでなく、作曲家としても管弦楽曲を書いてしまうレベルであり、ギタリストとしてもモード・ジャズをインプロヴィゼーションで弾きこなしてしまいます。それでいて、難解になりすぎず、ユーモアあふれる曲からオペラ調の音楽、硬派なインスト音楽までなんでも作り上げてしまうのですから、ロックで最大の天才的ミュージシャンは誰だったかと言われたら、私ならフランク・ザッパとロバート・フリップのふたりだ答えます。

 今回は、そんなフランク・ザッパの貴重なLPを、ザッパの音楽と合わせて紹介させていただこうと思います。

■The Mothers of Invention / Freak Out! (1966)

 フランク・ザッパのデビュー・アルバムです。名義は「マザーズ・オブ・インヴェンション」であり、フランク・ザッパはこの通称「マザーズ」と呼ばれたバンドのリーダーでした。このアルバム、後のCD化などではフランク・ザッパ名義に変えての再発がされた事もありました。

 デビュー作にして2枚組、内容はR&B調の曲やドゥー・ワップ、果てはサウンド・コラージュによるアヴァンギャルドなものまで含まれており、これらが全体でコンセプト・アルバムと呼べる世界観を構築しています。さらに、日本のロック黎明期の名バンド「頭脳警察」の名前の由来となった「フー・アー・ザ・ブレイン・ポリス」や、白人警官による黒人の不当逮捕を元に起きたワッツ暴動を歌った「トラブル・エブリデイ」など、社会風刺的な内容を持つ詩が続出するなど、デビュー作にして枠に収まらない驚異のアルバムとなりました。

 マザーズのデビュー盤はヴァーヴ・レコードからリリースされました。ヴァーヴと言えば保守系ジャズの名門レーベルでしたが、それだけにセールス方法がロックとは違かったのかも知れません。当時、ヴァーヴからデビューしたロックバンドと言えば、マザーズのほかにヴェルヴェット・アンダーグラウンドいましたが、どちらのバンドも「十分なプロモーションを受けることが出来なかった」と証言しています。こうした経緯もあり、ヴェルヴェッツもマザーズも爆発的なセールスはしなかったものの、その音楽性の高さからか、ロングセラーでじわじわと売れ続け、次第に高く評価されるようになりました。それだけに出回り数が多くなかった初期盤は値段が上がっていき、、今ではUSオリジナル盤は超がつくほどの高値で取引されています。ほかにも、69年の日本盤、Barking Pumpkin Records やZappa Records といったザッパのオリジナル・レーベルからの再発盤など、様々なバージョンがあり、LPはそれぞれ今も人気となっています。

■The Mothers of Invention / Uncle Meat (1969)

 映画音楽として作られた2枚組アルバムですが、映画が完成しなかったため(18年後に完成)、何とも形容しがたいコンセプト・アルバムとして完成しました。同じモチーフがいろいろな曲で使われたり、ほとんど語りで進行する部分すらあるところに、映画のサウンド・トラックの形骸を残しています。

コラージュあり、変拍子のまま疾走するフリージャズ並みの演奏と迫力のインプロヴィゼーションありと、同時代音楽のオンパレードといった怪物的な内容です。それでいて、難解になりすぎずユーモアにあふれている所が、マザーズ的なところでしょうか。

 デビュー作と並んで、マザーズのLPの中では人気のある作品です。USオリジナルはもちろん、日本盤でもブックレット付きであれば高額がつき、現状で入手しやすい再プレス盤ですら値が下がらないロックの大名盤のひとつです。

■Frank Zappa / Hot Rats (1969)

 60年代のフランク・ザッパは、マザーズと自己名義の作品の両方を残していますが、これはフランク・ザッパ名義での第2作です。これをフランク・ザッパの最高傑作にあげる人もいるほどの人気盤で、イギリスで最も好調なセールスを記録したのはこのアルバムでした。1曲目からインストのチェンバー・ロックで、たしかに『アンクル・ミート』のような難解さは感じません。盟友であるキャプテン・ビーフハートも参加しています。

 これだけの人気盤でありながら、LP時代では日本盤の発売はされませんでした。また、ビザール・レコードというこれまたどこまで本気なのか分からない名前のフランク・ザッパ所有のレーベルからのリリースという事もあって流通経路は貧弱で、日本では昔から高額で取引されていたアルバムです。もちろん今でも人気の作品です。

■Frank Zappa / Shut Up ‘N Play Yer Guitar (1981)

 フランク・ザッパは卓越したテクニックを持つロック・ギタリストとしても有名ですが、そのすごさを聴くなら筆頭にあがってくるのがこのアルバムです。ギターの何をもって「うまい」というのかは人それぞれでしょうが、仮にジャズや現代音楽などの同時代音楽を包括したうえで「スコアを再現できる」「モードに対応できる」「機能和声のプログレッション上でインプロヴィゼーション出来る」といったあたりを加味するのであれば、ロック・ギタリストで最高のレベルにあるのは、ロバート・フリップとフランク・ザッパのふたりではないでしょうか。はじめてこのアルバムを聴いた時は、その演奏の凄さにあっけにとられました。

もともとは通信販売限定でリリースされた作品ですが、のちにLP3枚組となって一般発売されました。こうした経緯もあってか、やはりBarking Pumpkin Records から出された初期のボックス入りは高額で取引されています。

■独自の流通を開拓しただけに、ザッパのLPは高額査定されやすい

 フランク・ザッパは活動初期のうちからいくつもの自身のレーベルを立ち上げ、少なからずのアルバムがそこからリリースされたため、日本盤が作られなかったり、そもそも日本にLPがなかなか入ってきにくいミュージシャンでした。日本での出回り数が少ない事もあって、高額で取引されやすいアーティストです。ザッパのレコードを手放す際には、その価値が分かる専門の買い取り業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓↓Frank Zappaの鑑定・査定に強い関西のレコード買取業者はこちら↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5