CDやダウンロード、あるいはストリーミングといったデジタルメディアではなく、ぜひアナログ盤で聴きたい音楽があります。50~60年代に全盛を迎えたモダン・ジャズなどは、まさにそういう音楽ではないでしょうか。

チャールズ・ミンガスは、モダン・ジャズの中でも特に重要な位置を占めたひとりです。チャーリー・パーカーにしてもマイルス・デイヴィスにしても、モダン・ジャズで有名ミュージシャンというとプレイヤーが多いですが、ミンガスは少し違います。優秀な作曲家であり、コンボからビッグバンドまでのアレンジをこなす名編曲家であり、バッハまで弾きこなす優秀なコントラバス奏者でした。さらに、ワークショップを続けてミュージシャンを育てながら現代音楽の学習を行い、ジャズの作曲やモダンなアドリブのメソッドを進化させ、不当に安かったジャズ・ミュージシャンのギャランティー改善のために自分でレコード・レーベルを作った、ジャズ音楽界全体の革命者でもありました。ミンガスがいなければ、モダン・ジャズの歴史はまったく違うものになっていたでしょう。

そんなチャールズ・ミンガスの音楽で最良だった時期は、天才アルト・サックス奏者のエリック・ドルフィー在籍時ではないでしょうか。今回は、驚異の音楽を展開したドルフィー在籍期チャールズ・ミンガス・バンドの名盤をいくつか紹介させていただきたいと思います。

■Charles Mingus / Presents Charles Mingus

1960年発表、ピアノレスの2管カルテット編成です。ライブで繰り返し演奏されることになる「フォーバス知事の寓話」収録で有名なアルバムですが、音楽面で驚かされたのはアルバム冒頭曲「Folk forms, No.1」でした。ジャズの通常形態である、ドラムがリズム、ベースはバス声部、ピアノは和声、メロディ楽器が主旋律といった形態ではなく、トランペット、サックス、コントラバスが3声によるポリフォニーを形成しています。ポリフォニーはモチーフとヴァリエーションという形を取り、バリエーションは即興によるものです。3コースの旋律を即興で行うこと自体が驚異で、即興演奏の迫力を持ちながら、ポリフォニーが均衡を保ち続ける実に前進的な音楽で、はじめて聴いた時には度肝を抜かれました。

そして、終曲でのドルフィーの超高速のアドリブ演奏も素晴らしいもので、おそらくこの演奏でドルフィーはジャズ界から注目されることになったのでしょう。渋い作品ですが、真剣に聴くほどその高度な音楽性と見事な演奏に魅了されることになるアルバムと思います。

■Charles Mingus / Mingus!

先述『Presents Charles Mingus』とこの作品は、CANDIDというレーベルからリリースされた作品で、たった2年しか活動期間のないレーベルながら19作品を発表、その中に以降のジャズの歴史を大きく変えていった作品がいくつも含まれています。これも60年録音の作品で、こちらは最大で9重奏となるコンボによる作品です。ドルフィーの参加が見られますが、全体のアンサンブルがより重視され、ミンガスのブラスアレンジ能力がより引き立っています。

ドルフィーがミンガス楽団に参加した時期は、1960年と1964年の2回です。60年に行われたこれらのセッションのあと、ドルフィーはジョン・コルトレーンやオーネット・コールマンというモダン・ジャズの巨人たちから誘われて羽ばたいていき、リーダーを上回る演奏をそれぞれのバンドで披露。モダン・ジャズの歴史に大きな足跡を残していくようになります。

■Charles Mingus / Town Hall Concert

ミンガスの手を離れたドルフィーは多くの歴史的なモダン・ジャズ・セッションに参加したのち、64年に帰ってきます。64年のミンガスのバンドはドルフィー以外も最強の布陣と言ってよい状態で、このメンバーで行ったヨーロッパ・ツアーは今でも語り草となっています。これは64年4月4日にニューヨークのタウンホールで行われたコンサートのライブ録音で、ここから伝説のツアーの幕開けとなります。

録音があまりよくないのですが、音楽が強烈です。曲中で自在に変わるテンポ、ドルフィーの脅威のインプロヴィゼーションと管楽器のトゥッティの対比、前衛的な手法とまるでデューク・エリントンの音楽のようなアーリータイム・ジャズの同居など、息をつく暇もない状態で音楽が突き進んできます。50年代から素晴らしい音楽を作り続けてきたミンガスの音楽が、ここで頂点を迎えたといっても過言ではないのではないでしょうか。

気をつけないといけないのは、ミンガスにはこのレコードとは違う同名の『Town Hall Concert』というレコードがあることです。これは64年のライブですので、お間違いのないように。

■Charles Mingus / The Great Concert of Charles Mingus

ドルフィー参加の64年のミンガス・コンボのライブは、あまりの素晴らしさのためか、数多くレコード化されました。これはニューヨークでのコンサートの約2週間後となる64年4月19日に、フラン・パリのシャンゼリゼ劇場で行われたライブの模様です。

メンバーはタウンホールとほぼ同じですが、1曲目を除いてトランペットが抜けています。欧州ツアー中にトランペットのジョニー・コールズが病気で倒れたためです。1曲目だけコールズが参加しているのは、この曲だけ前日のリハーサル・テイクを収録したという事情があります。この64年ツアーでつまらないものはひとつもなく、ステージをほぼフル収録したという意味でもこのレコードの価値は高いです。

LPでは3枚組というボリュームが素晴らしく、また巻三つ折りの特殊ジャケットという装丁も見事で、これは音のみならず「もの」としてLPで持っていたいアルバムではないでしょうか。

■Charles Mingus / Mingus in Europe Volume I

■Charles Mingus / Mingus in Europe Volume II

ヨーロッパ・ツアーも終盤にさしかかった64年4月26日、ドイツのヴッパタールでのライブ録音です。他の64年ライブ録音と違っているのは、各プレイヤーのインプロヴィゼーションを堪能できるトラックが収録されていることです。Volume II ではミンガスがピアノ伴奏で(「Sophisticated Lady」)、ピアノのジャキ・バイアードが無伴奏で(「AT-FW-YOU」)素晴らしいインプロヴィゼーションを聴かせてくれます。

ドルフィーはVolume I の「Starting」で、ミンガスのベースを伴奏に、どういう音階を使っているのかもわからないほどのモダンなサウンドで、かつ高速にフルート・ソロを演奏しています。この見事なフルートのアドリブは、ドルフィーの遺作に繋がっていく事になります。そしてこの欧州ツアー終了後、ドルフィーはアメリカに還らずにヨーロッパに残り、2か月後に不慮の死を遂げることになります。

ジャズはもともとアメリカ合衆国のエンターテイメント音楽でしたが、チャーリー・パーカー登場の50年代からフリー・ジャズ全盛の1970年あたりまで、芸術音楽として真剣に音楽に取り組んだ流れがありました。つまりモダン・ジャズ黄金期はLPの最盛期と完全にタイミングが一致しています。モダン・ジャズを聴くならLPで聴きたいですよね。

そして、もしLPを手放そうと思っていらっしゃるようであれば、モダン・ジャズのLP需要は今も強いままです。無駄に処分してしまわず、ぜひ下取り業者にお任せいただければありがたいです。

↓↓↓↓↓ジャズのLPレコードの買取に評判の関西レコード買取店コチラ↓↓↓↓↓

【1位】音機館レコード&オーディオ

ジャズ&ロックのレア盤・廃盤品の買取にとても強く高評価! ※クラシック(はCD,DVD,カセットのみ)の取り扱いだが買取価格は高い。

業界経験豊かなスタッフがレコード・CDを査定してくれます。また、即日出張、その場で現金払いなど、査定から支払いスピードの早さ、サービス面も充実しています。オーディオの買取や、音楽本、バンドTシャツやコンサートグッズの買取などは邦楽・洋楽問わず音楽に関するものはすべて買い取ってくれます。とても便利な店。出張は、現状のままで品物の箱詰めなどはすべてスタッフがやってくれるので楽でした。

総合評価 (4.8)
買取価格 (5.0)
スピード (5.0)
サービス充実度 (4.5)

■買取情報

出張買取 LPまたはCD100枚以上から(レア盤は10枚からでも可?)
宅配買取 ○(但し事前の連絡が必要)
店頭買取 オーディオのみ可(但し事前の連絡が必要)
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、アニメ、特撮ヒーロー系、各ジャンル専門スタッフが常駐(ヘヴィメタル、ハードコアパンクの知識豊富なスタッフも在籍している)
買取品目 レコード、CD、DVD、カセットテープ、オーディオ、音楽書籍&記念品etc
出張地域 大阪/兵庫/京都/滋賀/和歌山/奈良/三重/香川/徳島/愛媛/高知/鳥取/岡山/一部広島/一部島根/福井/石川

■店舗情報

店名 音機館レコード&オーディオ
電話番号 06-6447-6959
営業時間 12:00-21:00
所在地 大阪府大阪市西区 京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611

【2位】ディスクユニオン大阪クラシック館

東京に本部を構えるディスクユニオンの大阪店。言わずと知れたレコード買取大手!

全国にチェーン展開する大手レコード買取・販売店。まさにレコード界のブックオフ的存在。スタッフのレコード知識も豊富でしっかりと査定してくれます。サービス面も問題ありません。但し査定に10日間ほどかかりました。クラシックのレコード買取に強かったです。

総合評価 (4.3)
買取価格 (5.0)
スピード (3.0)
サービス充実度 (5.0)

■買取情報

出張買取 CDなら500枚、LPなら1,000枚が目安
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル ジャズ、クラシック、ロック、各ジャンル専門スタッフが常駐
買取品目 レコード、CD、DVD、音楽書籍etc
出張地域 関西全域、関東全域、他地域は要相談

■店舗情報

店名 ディスクユニオン大阪クラシック館
電話番号 0120-946-351(携帯電話からは 06-6809-3281)
営業時間 11:00~21:00(日・祝20:00)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F

【3位】宅音便

あらゆる音楽・映像メディアを買取しています!

ジャズやクラシック~演歌・歌謡曲までオールジャンルで買い取ってくれるのがうれしい。従来になかったレコード屋さんで、ヤフオクに特化しており、売り切り・安売り均一価格スタート販売スタイル。スタッフの知識はあると思われるが、買取価格はあまり高くはないと感じました。但し、他店で買い取ってもらえなかったものなども買取可能なこともあると思われる。歌謡曲やクラシックレコードの買い取りに強い。

総合評価 (4.3)
買取価格 (4.0)
スピード (4.5)
サービス充実度 (4.4)

■買取情報

出張買取
宅配買取
店頭買取
買取ジャンル オールジャンル
買取品目 レコード、レーザーディスク、CD、DVD、カセット、オーディオ、映像機材etc、スタッフは多そうだが各ジャンルの専門スタッフがいるかは不明。
出張地域 兵庫/大阪/京都

■店舗情報

店名 宅音便
電話番号 0120-360-760
営業時間 月~金:10:00~18:00 土・日:10:00~17:00
所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町7-1-5